歯が痛くなる前に行きたい歯医者さん

歯医者さんというと「歯が痛くなったら行く場所」と考えている人は少なくありません。異常を感じなければ行く必要がないと思うのは自然かもしれませんが、異常がなくても定期的な点検として歯医者さんへ行くことをおすすめします。傷みや軽い出血など、わかりやすい異常がなくても歯の状況が悪くなっている例はめずらしくありません。歯周病と呼ばれる状況で、歯石が付着したり歯茎が下がったりする症状が一般的です。この状況を放置しておくと、最終的には歯が抜けてしまうおそれもあります。歯の数が少なくなると毎日の食事に支障をきたすことになり、高齢になってからの生活の質が落ちてしまうかもしれません。早めに点検を受ければ、異常があったとしても短期の治療が可能です。

歯並びの矯正もおすすめ

虫歯や歯周病が悪化する前に歯医者さんへ行けば、生活の質を落とさずにすむ可能性が高いといえます。長期的な生活の質の維持や向上のため、もうひとつ注目したいのは歯並びの矯正です。歯並びが悪い状態を放置しておくと、見た目の印象が今ひとつになるだけではなく、頭痛や肩こりなどの原因になり得ることが知られています。歯並びの悪さが口以外の場所に悪影響を与えていると気がつかない場合も多いのが実情です。歯並びの矯正をするには、矯正歯科で診察してもらうとよいでしょう。複数の方法から矯正の進めかたを選べるのが一般的です。歯並びの状態によりますが、矯正が完了するにはある程度の時間がかかります。また、矯正に入る前に虫歯や歯周病の治療を行うこともあるので、早めに診察を受けることが大切です。

荻窪での歯科は交通の便が良くて利用しやすいですが、診察科目や内容を参考に安心して受けやすいことを確かめて決めることがポイントです。

杉並区のインプラントとは