ショット数での違いはある?

サーマクールはラジオ波という高周波を肌に照射して、シワやたるみを解消する美容医療です。切らない美容整形とまで言われるほど、アンチエイジング効果の高い施術なんですよ。サーマクールの施術を受ける上で、まず確認しておきたいのがショット数の違いです。日本国内のクリニックでは、ラジオ波を肌に当てる回数が400回・600回・900回と三段階に分けられています。400ショットの場合は顔全体に施術を行うというよりも、ほうれい線など部分的にリフトアップしたいときに向いている回数です。600ショットは顔全体にしっかり施術が行えます。900ショットにもなると顔全体にプラスして、気になる部位にさらに重ねて照射することが可能です。ショット数が増えれば増えるほど費用もアップしていくので、効果や予算を考慮してサーマクールのショット数を決めると良いでしょう。

施術のときの痛みの度合いを知りたい

肌にラジオ波を照射すると聞くと「施術中の痛みが強いのでは」と、不安に感じる人もいるかもしれません。痛みの感じ方は人それぞれですが、サーマクールを行っているクリニックの大半は、施術を行う前に麻酔をするのでさほど痛みを感じることはないようです。痛みについては、それほど心配しなくても良いでしょう。もし、痛みを感じた場合はサーマクールの出力を下げることで、かなり痛み自体は軽減することができます。また、最新のサーマクールマシンは施術中の痛みが抑えられているようです。痛みが不安であれば、最新のマシンを導入しているクリニックを選ぶのも良いでしょう。

サーマクールは、ラジオ波を使った手術をしない治療法です。世界各国で実績があり、タルミ、シワ、二重アゴが気になる、小顔を求めている人に最適です。

川崎の脱毛が見つかる
町田の脱毛の詳細はこちら