痛みがある脱毛方法の特徴

脱毛お手入れは女性にとってエチケットの一つだと言われていますが、脱毛する時に気になるのが痛みの有無ですよね。可能な限り、痛みを感じることなく脱毛したいものです。まず痛みが強い脱毛方法の特徴として挙げられるのが、毛根から直接ムダ毛を引き抜く方法です。毛抜きで1本1本抜く方法は、かなり痛みが強いと言えるでしょう。また、毛根に極細の針を刺して電気を流す、ニードル脱毛も痛みが強いです。これらの脱毛方法の大きな特徴は、ムダ毛を1本抜く度に痛みがあることです。痛みに対してある程度耐えられる人でなければ、毛抜きやニードル脱毛は困難な方法かもしれません。また、粘着性のあるワックスを塗ってムダ毛を処理するワックス脱毛も、比較的痛みが強いです。

痛みが少ない脱毛方法とは?

一方、痛みが少ない脱毛方法にはどのような特徴があるのでしょうか。そのキーワードとなるのが光線です。光線を用いた脱毛方法は、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛が主流です。いずれも黒い部分にだけ反応する特殊な光線を照射し、ムダ毛の毛根部分にダメージを与えて、自然な脱毛を促す方法です。レーザー脱毛は比較的力の強い光線を使用できるので、脱毛効果が高いと言われています。一方、フラッシュ脱毛は比較的お肌にやさしい光線を使用するため、レーザー脱毛ほどの効果は望めないかもしれませんが、時間をかけてしっかり脱毛することが可能です。この2つの中で痛みが少ないと言われているのが、フラッシュ脱毛です。お肌にやさしい光線なので、安心して脱毛できます。

人気の新宿の脱毛サロンは仕事や学校の帰りなどに気軽に立ち寄れ、評判が良くて受けやすいことがメリットです。