育毛とストレスの関係

育毛とは生えている毛を育てていき、髪が本来の寿命まで抜けないように頭皮の環境を整えることです。育毛には育毛剤の使用などの方法が挙げられますが、日常生活の習慣を見直すことも大切です。特にストレスをためてしまうのは抜け毛につながりやすくなります。人間はストレスを感じると交感神経が優位になり、体が緊張して血流が悪くなります。頭皮の血流も悪くなるので髪に届く栄養も少なくなってしまい、髪が十分に育たなくなってしまうのです。また、ストレスは睡眠不足を引き起こすこともあります。睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで髪の成長が促進されるので、質の良い睡眠がとれないのは育毛に良くありません。定期的にストレスを発散し、リフレッシュすることが育毛のために重要となるのです。

バランスのとれた食事も重要

育毛のために見直したい生活習慣が食習慣です。栄養が偏っていると、髪の成長のために必要な栄養素が不足してしまいます。髪の主成分となるタンパク質は欠かさないようにしましょう。ビタミンやミネラルの摂取も重要です。ビタミンEは血行を促進させる作用があり、亜鉛はタンパク質の合成に必須です。髪は生命に大きく関わらない分、栄養が足りなくなったときに後回しになりやすいです。食事制限するような過激なダイエットは髪に栄養が行き渡らなくなるので、体を動かすことで痩せる方が良いでしょう。栄養をしっかり摂るためにもバランスのよい食生活を心がけることが重要です。足りない栄養はサプリメントで補うのもおすすめです。

育毛は、医薬品やシャンプーなどを使って、加齢や男性ホルモン、遺伝などの原因により衰えた毛根や毛細胞などを育てることを指します。