体に負担がない施術方法

胸が小さくて悩んでいるという女性は非常に多いものです。そんなコンプレックスを解消するために、美容クリニックで豊胸手術を受けようとする女性は少なくありません。一口に手術といっても様々にありますが、最も体に負担が少ないと言われているのがヒアルロン酸注射です。これは、注射器でバストにヒアルロン酸を注入する手術のことです。分子が大きいヒアルロン酸を利用するので、体内に吸収されにくいという特徴があります。メスを一切使うことがないので、施術後は注射針の跡が残るだけで強い痛みや腫れなどはありません。そのため、気軽にバストアップをしたいという方にぴったりの施術方法です。

自分の脂肪でバストアップできる

バストを柔らかく仕上げたい方にお勧めなのが、脂肪注入という施術です。これは、ヒップやウエスト、太ももなどの部位から余分な脂肪を吸引して、バストに注入する方法のことです。自身の脂肪を使っているので、アレルギーの心配は全くありません。また、自分の脂肪がバストとなるので触り心地も柔らかいです。

確実にバストアップができる

確実にバストを大きくしたい方に人気なのが、シリコンバッグ挿入です。これは、文字通り、バストにシリコンバッグを挿入することでバストアップができる施術です。メスで切開するので、施術に際して傷が残らないか不安に感じる人は少なくありません。ただ脇の下を約5センチ切開するのですが、施術後は脇のシワの一部になって徐々に目立たなくなります。したがって、それほど心配することはありません。術後は患部の腫れや痛みがありますが、クリニックから鎮静剤を処方されるので安心ですよ。

豊胸手術の方法の一つとして、脂肪注入手術があります。自分の脂肪を使うのでアレルギーの心配がないのがメリットです。