脱毛サロンなら痛みが少ない

脱毛サロンで使われている光脱毛器は、レーザー出力が医療用機器よりも法律により低く抑えられているので毛母細胞へ与えるダメージが少なく痛みも少ないとされています。出力が抑えられている理由として実際に施術を行う脱毛サロンの担当者は、社内研修をしっかり受けているものの医師ではないために安全性確保が行われているからです。このため、脱毛サロンは定期的に12回から18回程度通う必要があるので、痛みが少ない代わりに通う期間と回数が多くなる傾向があります。施術を受ける際には、レーザー出力を抑えてある分だけ広範囲に照射出来るので、多少の痛みがあっても短時間で終わるなら我慢できる人も多いです。我慢できる程度の痛みで済むように施術担当者と話しながら出力調整を行えばさほど怖がる必要はありません。

医療脱毛クリニックは麻酔を使える

医療脱毛で使われるレーザーは、医師の指示のもとで使用するために人により照射強度を個別に変えて脱毛を医療行為として行います。審美治療に該当する医療脱毛は、顧客である本人の希望により痛みを極限まで抑える方法としてオプション扱いにはなるものの麻酔を使うことが可能です。局所麻酔薬または表皮麻酔を使うことにより、痛みを感じること無く医療用レーザー脱毛を受けることが出来ます。また、医療脱毛では万が一皮膚トラブルが発生した際にその場にいる医師がすぐに処置出来るので、不安に思う点や痛みを感じたらすぐに医師へ伝えることが可能です。臨機応変な対応を医師の指示のもとで受けられるからこそ、痛みに極めて弱い人ほど医療脱毛が適しています。

えりあしの脱毛は、うなじ部分から首の付け根までを指します。この部分をフェイス用シェーバーで自己処理した後、照射します。照射が終わった後は保湿ケアを行います。